学校施設・フィットネスクラブ等のプール関連

学校施設内のプールについては文部科学省、フィットネスクラブ等のプール水質については厚生労働省によってそれぞれ下記のような水質基準が設けられています。

水質基準項目 厚生労働省 文部科学省
水素イオン濃度(pH) 5.8~8.6 5.8~8.6
毎月1回以上 使用前1回
濁度 2度以下 2度以下
毎月1回以上
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L 12mg/L
毎月1回以上
遊離残留塩素濃度 0.4~1.0 mg/L 0.4~1.0 mg/L
毎日午前中1回以上
午後2回以上
使用前、および
使用中1時間に1回以上
大腸菌群 不検出 不検出
毎月1回以上
一般細菌 200 CFU/ml 以下 200 CFU/ml 以下
毎月1回以上
総トリハロメタン 0.2 mg/L 以下 0.2 mg/L 以下
1年に1回以上
レジオネラ属菌 不検出
設備などに応じて1回/年以上

※1 『遊泳用プールの衛生基準』 厚生労働省 平成13年7月24日
※2 『学校環境衛生の基準』 文部科学省 平成16年2月10日

つまり、消毒効果の指標である残留塩素については1日に最低でも3回以上の測定をしなければなりません。また水素イオンの数値が高くなればなるほど消毒効果が減少してしまいます(中性pH 7 時に比べ、pH 8 では消毒効果は1/4にまで減少)。このため塩素系消毒剤の殺菌効果を確認できるよう、プールのpH濃度の測定はなるべく頻繁に行われることが重要です。

業種別製品情報

DT-2-SPS型
高濃度・低濃度測定用残留塩素計 DT-2-SPS型
高濃度100mg/Lまで測定可能なので、足洗い槽や腰洗い槽にも対応
詳しくはこちら
DP-1-BTB型
DPD法ダイヤル式pH遊離残留塩素計 DP-1-BTB型
pH測定用のBTB溶液が標準セット
詳しくはこちら
JD-2型
DPD法粉末分包試薬
1日3回以上の測定コストを大幅削減。JIS規格なので、
他社吸光光度法測定器にも使用可能です
詳しくはこちら

主な納入先

  • ●教育委員会
  • ●公立小・中学校
  • ●私立学校
  • ●公営プール
  • ●スポーツジム
  • ●フィットネスクラブ
  • ●保健所 …等
分野別情報
分野別情報
受水層・簡易専用水道・
ビル管理業関連
学校施設・
フィットネスクラブ業関連
温泉・公衆浴場等の
衛生管理業関連
ホテル・旅館等の
“特定建築物”関連
食品衛生関連

このページの上部へ